「こんなの見たことある?」 PK戦でGKがダンス、衝撃行為に海外騒然「新次元」「奇妙」

シドニーFCのGKレッドメイン【写真:Getty Images】
シドニーFCのGKレッドメイン【写真:Getty Images】

PK2本を止めて優勝に貢献したシドニーFCのGKレッドメイン、ライン上の行為が話題

 今季オーストラリア1部(Aリーグ)はシドニーFCの優勝で幕を閉じたが、決勝のPK戦でシドニーFCのオーストラリア人GKがゴールライン上で踊るようなパフォーマンスを見せて話題となっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 レギュラーシーズンを終えて上位6チームがファイナルシリーズに出場。元日本代表MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは準々決勝から出場し、準決勝でシドニーFCに1-6と敗れていた。決勝ではそのシドニーFCとパース・グローリーFCが激突。0-0のままスコアは動かず、延長戦でもノーゴールのままPK戦に突入。ここでシドニーFCのオーストラリア人GKアンドリュー・レッドメインが「ヒーロー」となった。

 1人目はともに成功。シドニーFCの2人目が成功させたなか、パース・グローリー2人目のキッカーとして元アイルランド代表FWアンディ・キーオが登場。ここで30歳GKレッドメインはゴールライン上で大きなステップを刻むように左右に動き回り、プレシャーをかけるように自身の手も上げてジャンプ。その姿はダンスを踊る男のそれで、見事にシュートをストップした。

 シドニーFCの3人目が成功させた一方、パース・グローリー3人目と対峙したレッドメインが再び左右にステップ。大きく動き回り、最後は相手がゴール中央にふわりと浮かせたシュート(通称パネンカ)を冷静にキャッチした。レッドメインの活躍もあり、4人目が決めたシドニーFCが4-1でPK戦を制し、今季のリーグタイトルを手にした。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き