“無冠”レアルと「6つの不名誉な記録」 屈辱的なシーズンを象徴する数字とは?

今季無冠に終わったレアル・マドリード【写真:Getty Images】
今季無冠に終わったレアル・マドリード【写真:Getty Images】

スペイン紙が“白い巨人”の不名誉なシーズンを総括

 レアル・マドリードは現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れて今シーズンのラストゲームを黒星で終えることとなった。スペイン紙「AS」は、4シーズンぶりに主要タイトルを獲得できなかったレアルの今季を振り返り、不名誉な6つの記録を紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 まず1つ目は、バルセロナとの距離が大きく離れたこと。過去10年、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の舞台ではレアル4回、バルセロナ3回とより多くのタイトルを取ってきた。しかし、国内ではここ11シーズンでバルセロナが8度のリーグ制覇を成し遂げているのに対し、レアルはわずか2回。今季に関しては最終的な勝ち点差が19となり、これは前例のない大差となってしまった。

 2つ目はゴール数が1999-2000シーズン以来、最少となってしまったこと。今季のレアルは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍もあって攻撃力が著しく低下。バルセロナが90ゴールを奪ったのに対し、レアルは63ゴールに止まり、20年近くで最低の数字を叩き出してしまった。

 また3つ目には、過去20年間で最も少ない平均入場者数を記録してしまったことが挙げられている。8万1000人を収容することができるサンチャゴ・ベルナベウだが、今季の平均入場者数は6万1020人。最終節のベティス戦は平均を下回る5万6900人であり、今季第1節のヘタフェ戦(2-0)では10年ぶりに最低記録を更新する4万8446人の試合もあった。この数字を見ても、レアルがいかに悲惨なシーズンを送っていたかが分かるはずだ。

 その他には、ジネディーヌ・ジダン監督の下で初めて連敗を喫してしまったこと、1993-94シーズン以降のリーグ戦で最も多い9回の無得点試合を記録してしまったことが挙げられている。

 そして最後に紹介されているのは、リーガ・エスパニョーラで歴史上7度目の12敗以上を記録したこと。今季は38試合を戦ったなかで12度の敗戦を記録。1973-74シーズンの13敗というワースト記録が残っているが、それに次ぐ敗戦数となってしまった。

 6つの記録が示すように、歴史上でも稀に見る苦難のシーズンを過ごしてしまったレアル。ジダン監督は、今夏の移籍市場で血の入れ替えを断行することで再び強いレアルを作り上げることができるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」