完成形に近い“ペップ・シティ”、4年目の姿は? 名将の新たな挑戦は進化か、苦し紛れか

プレミアリーグ2連覇を果たした“ペップ・シティ”はどのような進化を遂げるのだろうか【写真:AP】
プレミアリーグ2連覇を果たした“ペップ・シティ”はどのような進化を遂げるのだろうか【写真:AP】

ペップにとってのサッカーは「バルセロナのプレーをやること」

 2018-19シーズンのプレミアリーグ王者は、マンチェスター・シティに決まった。ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームが優勝すると、“史上最強の2位”が生まれることがあるが、今回はリバプールがそうなってしまった。リバプールとのデッドヒートは最後まで続いたが、ハナの差(勝ち点1差)でシティが逃げ切っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ペップはバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・シティとこれまで率いたチームにすべてリーグ優勝をもたらしているが、バイエルンとシティはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を獲れていない。それぞれ欧州最強クラスではあったが、バルセロナでは2回も優勝しているのに、バイエルンとシティは決勝にも進めていない。

 その違いはなんなのだろう。リオネル・メッシがいるかいないか――この差は大きい。ただ、それだけでもないと思う。

 ペップにとって「フットボールをプレーする」とは、「バルセロナのプレーをやること」とイコールと考えていい。プレーのやり方はいろいろあるが、どうやってボールを扱うか、どのポジションに立つか、どうやって敵の守備を破ってゴールするか、いかに守るか……。そのセオリーがバルセロナには明確にあり、育成年代から叩き込まれている選手がチームの中核を成している。ペップ自身もカンテラ育ちだ。

 シャビとアンドレス・イニエスタは抜けたが、まだメッシ、セルヒオ・ブスケッツ、セルジ・ロベルト、ジェラール・ピケはいる。バイエルンとシティには、そういう選手は当然いない。そこで、プレーのやり方から教えていかなければならなかったわけだが、1シーズンで結果を出さなければいけない以上、悠長に育てている時間はない。

 そこでペップは「形」から入った。いわゆるポジショナルプレーだが、バルサなら敵との関係で選手が即興的に弾き出せるポジショニングを、ある程度機械的に導入せざるをえなかったと思う。

 例えば、攻撃で敵の正面に立たないというセオリーがある。守備では逆に敵を自分の前へ置く。このセオリーだけで、いわゆる「偽サイドバック」のポジショニングは選手判断でやれるのだが、そのセオリーが体に入っていない選手は習慣的にタッチライン際の決まった場所から動かない。そこで先に形を示して、意味は形をこなすうちにつかんでいくという方式になっていた。バイエルンでもシティでも、1年目には形をこなすので精一杯というぎこちなさが見られたものだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」