ビッグネームの“玉突きトライアングル移籍”が実現!? グリーズマン退団で世界注目

(左から) FWディバラ、FWグリーズマン、MFコウチーニョ【写真:Getty Images】
(左から) FWディバラ、FWグリーズマン、MFコウチーニョ【写真:Getty Images】

アトレチコ退団表明のグリーズマン、バルセロナ移籍濃厚 後釜にディバラ浮上

 アトレチコ・マドリードは現地時間14日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが今季限りで退団することが決定したと発表した。5年間にわたりチームをけん引したエースが去ることで、ビッグネームの“玉突きトライアングル移籍”が実現する可能性が浮上している。

 2014-15シーズンからアトレチコのエースとして活躍してきたグリーズマンは、首脳陣との話し合いの末に今季限りでの退団を決断。クラブ公式ツイッターを通じて、グリーズマンは「信じられない5シーズンをすごすことができた。すべてのことに本当にありがとう」と、約2分間にわたって別れと感謝のメッセージを語った動画を公開していた。

 そうしたなかグリーズマンの新天地として有力視されるのは、近年移籍の可能性が何度も取り沙汰されてきたバルセロナだ。スペイン紙「スポルト」は「1人が加入し、1人が退団する。バルサはグリーズマンの移籍金調達にコウチーニョの売却を望む」と見出しを打って報道。アトレチコはグリーズマンの移籍金を2億ユーロ(約246億円)に設定されているが、退団の決まった今夏は1億2000万ユーロ(約147億円)まで価格が落ちるとされているため、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの売却金で移籍金をまかなう意向だと伝えている。

 そしてアトレチコがグリーズマンの後釜として白羽の矢を立てているのが、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだ。昨夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードから加入したことにより、エースの座を奪われる格好となり、今季は得点数とともに出場機会が激減している状況にある。英紙「デイリー・メール」は、「グリーズマン退団に伴い、ディバラがアトレチコの最重要ターゲットに据えられた」と綴り、ディエゴ・シメオネ監督も獲得を熱望していることを報じている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング