「天才だ!」 小野伸二、豪州時代の“逆足ループ弾”に再脚光「ナイフの切れ味」

WSW時代のMF小野伸二【写真:Getty Images】
WSW時代のMF小野伸二【写真:Getty Images】

WSWに加入した12-13シーズン、ファイナルシリーズ準決勝で伝説的な一撃を披露

 オーストラリア1部のAリーグはレギュラーシーズンを終え、シーズン総合優勝を決めるファイナルシリーズに突入。10日にパース・グローリー対アデレード・ユナイテッド、12日に元日本代表MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリー対シドニーFCの準決勝2試合が開催される。シーズンも佳境を迎えるなか、Aリーグ公式サイトは過去のファイナルシリーズのメモリアルシーンを5つ厳選。元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)がウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)時代に決めた華麗なループシュートに再びスポットライトを当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 フェイエノールト(オランダ)、ボーフム(ドイツ)と海外でプレーした小野は、2010年に清水エスパルスでJリーグ復帰を果たすと、2012年9月にWSWへ移籍し、再び海を渡った。加入初年度から24試合7得点を挙げてレギュラーシーズン1位の立役者となり、地元ファンの心をつかんだ。

 迎えたブリスベン・ロアーとのファイナルシリーズ準決勝、1-0で迎えた後半26分に小野が魅せる。ゴールキックをFWディノ・クレツィンガーがそらし、ペナルティーエリア手前で小野がボールをキープ。対峙したマーカーが一歩下がったのを見るや、利き足とは逆の左足で柔らかなチップキックシュートを繰り出すと、ボールは綺麗な放物線を描きながら、相手GKがまったく動けないまま、右サイドネットに突き刺さった。会場に駆け付けた約2万人のWSWサポーターは大熱狂、実況も「天才だ!」と叫びながらその模様を伝えた。

 Aリーグ公式サイトは「小野の天才的な準決勝のチップ」と称し、伝説的な一撃を絶賛している。

「日本のレジェンドであるシンジ・オノはすでにウェスタン・シドニー・ワンダラーズのファンにとってヒーローだ。2012-13シーズンに加入すると、リーグ戦では7ゴールを決めたが、シーズン8つ目のゴールは彼のベストだ。ブリスベン・ロアー戦で1-0とリードしていた場面では、ナイフの切れ味を披露した。オノは一流であることを証明する瞬間を生み出し、ワンダラーズの偉人としての功績を刻み込んだ」

 WSWは決勝でセントラル・コースト・マリナーズに敗れて優勝こそ逃したが、小野は今なおWSW、そしてAリーグでプレーした偉大な選手として語り継がれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き