「メッシに対して…」 C・ロナウド、231cmの“超人的ジャンプ弾”に海外メディア騒然

ユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】

圧巻の跳躍力で決めたトリノ戦のゴールが話題に「特別な空中力を備えている」

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現地時間3日、セリエA第35節トリノ戦に先発フル出場。試合終盤に圧巻の跳躍力で同点ヘディング弾を決め、1-1のドローに持ち込んだ。海外メディアは「メッシが究極的に純粋な才能と呼ばれることに対し、ロナウドは目に見えるパワーで対抗」と絶賛している。

 すでにリーグ8連覇を決しているユベントスだが、トリノとはダービーマッチは負けられない一戦。前半17分に失点してリードを許す展開が続くなか、チームを救ったのはやはり絶対的エースだった。

 0-1で迎えた後半39分、左サイドを突破したイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラがクロスを供給。ゴール前に走り込んだロナウドが高い打点のヘディングを合わせ、ゴール右隅に突き刺した。チームを救う貴重な同点弾は、ロナウドにとってもヘディングでの通算100得点目というメモリアルゴールとなった。

 ロナウドの強烈な一撃に海外メディアも注目。英メディア「GIVE ME SPORT」は「ボックス内のスペースを見出し、ヘッドで得点を奪うことに関しては、ロナウド以上の存在はない」と称賛し、英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」は「ロナウドはDFにとって単純に止めようがない特別な空中力を備えていること、そして彼がフットボール史上最高のヘディングを擁していることを証明してみせた」と綴っている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング