レアルが急性心筋梗塞の“永遠の主将”カシージャスに激励メッセージ 「君とともにある」

レアル時代のカシージャス【写真:Getty Images】
レアル時代のカシージャス【写真:Getty Images】

ビジャレアル戦の前に選手がTシャツを着て入場 サポーターも横断幕を掲げる

 レアル・マドリードは現地時間5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節ビジャレアル戦で3-2の勝利を飾り、2位でのフィニッシュに望みをつなげた。喜びに沸いた本拠地サンチャゴ・ベルナベウだったが、急性心筋梗塞で病院に搬送された元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)への激励メッセージを送ったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 熱狂的で知られるサンチャゴ・ベルナベウのウルトラスが集まるゴール裏。そこから至近距離で、かつての守護神であるカシージャスのビッグセーブを見守ったファンとしては、行動に移さずにいられなかったようだ。以下のような横断幕が設置されたという。

「マドリディスモ(マドリード魂)は君とともにある。イケル、偉大なる永遠のキャプテンだ」

 チームのためにはクラブや指導者との衝突も辞さなかったカシージャスだが、その姿勢は数多くのマドリディスタに愛されてきた。

 そしてチームも、キックオフ前には「イケル、君とともに」とのメッセージが書かれたTシャツを着用して入場した。試合はドミニカ共和国代表FWマリアーノの活躍によって、3-2で勝利。かつて自らの“庭”としてピッチに立ち続けたカシージャスにとっても、古巣の勝利は回復への薬になるかもしれない。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング