メルボルンV本田、絶妙アシストで先制点演出 クラブ称賛「なんてボールだ」

メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】

前半42分、ピンポイントのボールをゴール前に入れてニーダーマイアーの先制点を演出

 オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑は、3日のファイナルシリーズ準々決勝ウェリントン・フェニックス戦で先制点をアシスト。負けたらシーズン終了の大一番で勝負強さを発揮している。

 レギュラーシーズン3位のメルボルン・Vは、ファイナルシリーズで同6位のウェリントン・フェニックスと本拠地で対戦。中盤で先発出場した本田は前半22分、センターサークル付近でボールを受けるとそのままドリブルで持ち上がり、ペナルティーアーク後方から左足を振り抜く。ミドルシュートはGK手前でバウンドする処理の難しいボールとなったが、GK正面を突いてゴールとはならなかった。

 膠着状態が続くなか、前半42分にスコアが動く。約25メートルの位置で得た直接FKのキッカーを本田が担当。浮き球のボールをゴール前に入れると、ドイツ人DFゲオルク・ニーダーマイアーがバックヘッドで合わせ、先制点が生まれた。

 クラブ公式ツイッターも「ケイスケ・ホンダから、なんてボールだ」と称賛している。試合は本田のアシストで先制したメルボルン・Vが後半にも2点を奪い、3-1で勝利。12日に行われるシドニーFCとの準決勝に駒を進めた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング