「根拠のない噂」 去就の憶測飛び交うガットゥーゾ監督、ニューカッスル行きを否定

ACミランを率いるガットゥーゾ監督【写真:Getty Images】
ACミランを率いるガットゥーゾ監督【写真:Getty Images】

敏腕代理人メンデス氏との会談から“疑惑”拡大も… 「素晴らしい友情があるだけ」

 ACミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は今月、ライバルチームでもあるローマの監督就任の噂を否定していたが、イングランドのニューカッスル・ユナイテッドとの新たな噂も浮上した。しかし、ガットゥーゾ監督はイタリア国営放送「RAI」の取材に対して、「根拠のない噂」と否定している。

 今シーズンの終幕が近づく中でガットゥーゾ監督の周囲が慌ただしくなっている。ガットゥーゾ監督の率いるミランは、現在セリエA第33節終了時点で4位。5位のアタランタ、6位のローマとほとんど差がなく、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いで熾烈な戦いを繰り広げている。

 もしこの戦いに勝ち残ることができず、CL圏内(4位以内)を逃してしまった場合、ミランはガットゥーゾ監督を解任する可能性が高いとされており、次なる監督先についても大きな注目が集まっている。

 そんなガットゥーゾ監督に白羽の矢を立てたとされるのが、日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルだ。プレミアリーグの古豪として知られるニューカッスルは、現在ラファエル・ベニテス監督が率いているものの、来季の契約延長にはサインしていない。そのため、もしベニテス監督が去るならば、イタリア人指揮官が引き継ぐのではという噂が上がっていた。

 また、このタイミングでガットゥーゾ監督は代理人であるジョルジュ・メンデス氏と会談。この会談がニューカッスルの監督就任に関する話し合いだったのではないかという報道に対し、「RAI」に出演したガットゥーゾ監督は声を大にして否定した。

「メンデスと私はしばしば互いに会うんだ。私は美味しい料理が好きで、サッカーについての話をする。ただ、ニューカッスル? それは根拠のない噂だよ。繰り返すが、メンデスとの間には素晴らしい友情があるだけだ」

 多くの去就の噂が出ているガットゥーゾ監督。今シーズンが終了した時、新たなクラブを求めてチームを出て行くことはあるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング