「サラーがミルナーに苛立ち」 PKキッカーを巡る一悶着に英紙注目 味方同士の信念が衝突

(左から)リバプールMFミルナー、FWサラー【写真:Getty Images】
(左から)リバプールMFミルナー、FWサラー【写真:Getty Images】

リバプールが2-0でカーディフ撃破 ミルナーのPKキッカーにサラーが不満露わ

 リバプールは現地時間21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦し、2-0で勝利を収めた。マンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いを制するうえで手堅く勝ち点3を奪取して暫定首位に浮上したものの、2点目となったPKを巡りエジプト代表FWモハメド・サラーと元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの間で一悶着が起こったことに英メディアが注目している。

 試合序盤からリバプールが攻勢に出るも、降格圏に沈む18位カーディフが徹底して自陣に引くブロックを築き、なかなかネットを揺らすことができない。だが、果敢に攻め続けて迎えた後半12分、CKの場面でグラウンダーのクロスにオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足で蹴り込みゴール右に突き刺した。そして、1-0で迎えた同36分、ペナルティーエリア左でボールをキープしようとしたサラーが切り返しの際に相手選手に転倒されPKを獲得した。

 しかし、ここでPKを巡り一悶着が起こる。ボールを手に取りキッカーを務める意志を示したものの、途中出場のミルナーがサラーからボールを取り上げようとする。サラーは強く異議を唱えたが、ミルナーは首を振りながら問答無用で回収。自身で得たPKを蹴ることができないことに、サラーは露骨に不貞腐れた様子を見せていた。ミルナーはPKをしっかりと決め切り、終盤に2点差のリードを確保し勝利を手堅いものとした。

 両者のピリついたやりとりに英メディアも注目。英紙「メトロ」は「重要な局面でのPKでサラーがミルナーに苛立ち」と見出しを打って報じ、「サラーはリーグ20ゴール目を積み上げるためボールをつかんだが、ミルナーに介入されてしまった」と紹介している。シティFWセルヒオ・アグエロ、アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンと並び19ゴールで得点ランキング首位タイに位置していたこともあり、単独トップに立つために得点を欲していたことを説明している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング