CL4強、「誰でもかわせる男」と「誰にもかわされない男」の“ほこたて対決”に海外注目

(左から)バルセロナFWメッシ、リバプールDFファン・ダイク【写真:Getty Images】
(左から)バルセロナFWメッシ、リバプールDFファン・ダイク【写真:Getty Images】

CL4強バルサ対リバプール、FWメッシとDFファン・ダイクのマッチアップが実現へ

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は現地時間17日に準々決勝の全日程が終了し、ついにベスト4が出揃った。準決勝で実現するバルセロナ対リバプールの一戦では、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの“ほこたて対決”が実現することになった。

 バルセロナはマンチェスター・ユナイテッドを、リバプールはポルトを下してそれぞれベスト4に勝ち上がった。ともに大会優勝5度の経験(前身のチャンピオンズカップを含む)を持つ名門同士が決勝進出を懸けて戦う。

 そうしたなか、英国ブックメーカー大手「Coral」はツイッターで「誰でもドリブルでかわせる男が、誰にもドリブルでかわされない男と対戦する」と投稿し、この試合で実現するであろうマッチアップに注目している。

「誰でもドリブルでかわせる男」。そんなバルセロナが誇る“最強の矛”といえば、バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇るメッシだ。今季リーガ・エスパニョーラでは29試合33得点、CLでは8試合10得点でいずれも得点ランキングトップに立つなど、言わずと知れた世界最高峰のFWだ。

 CL準々決勝第2戦のユナイテッド戦(3-0)では2得点をマーク。左右両足のシュートでゴールネットを揺らす決定力もさることながら、前半アディショナルタイムにイングランド代表DFフィル・ジョーンズをフェイントで翻弄した“幻惑ドリブル”は本拠地カンプ・ノウを大いに沸かせた。メッシのドリブルは世界のトップレベルで活躍するDFを何度も無力化してきた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング