圧巻2発のメッシ、イングランド勢との相性の良さに英注目 唯一攻略していないのは…

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

リバプール以外の5クラブから得点量産 「どの国よりもゴールを奪っている」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間16日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦のマンチェスター・ユナイテッド戦で2ゴールを決める圧巻の活躍を披露し、3-0の勝利に貢献。チームは2戦合計4-0で準決勝進出を決めた。英メディア「スポーツ・バイブル」は「メッシはCLの舞台でどの国よりもイングランド勢からゴールを奪っている」と見出しを打って報じている。

 第1戦のアウェー戦を1-0で先勝していたバルセロナは、本拠地カンプ・ノウにユナイテッドを迎え撃った。絶対的エースを務めるメッシは、試合序盤でレベルの違いを見せつける。前半16分、右サイドで相手DFアシュリー・ヤングのスライディングタックルをかわすと、詰めてきた相手MFフレッジをワンタッチで股を通し置き去り。対面した相手DFクリス・スモーリングをスピードで振り切り、そのまま左足を振り抜いてゴール左隅を射抜いた。

 さらに同20分、同じような位置から今度は右足でシュートを打つと、これを相手GKダビド・デ・ヘアが処理を誤り、ゴール右隅のネットを揺らした。メッシはこの日の2ゴールで大会10得点目を記録し、得点王ランキング首位を快走している。CLの舞台でも他の追随を許さない得点力を誇示しているメッシだが、どうやらイングランド勢との相性が良いようだ。

 記事では、「メッシはどの国のリーグよりも、イングランドのクラブに対してCLのゴールを決めている」と指摘しており、アーセナルから9ゴール、マンチェスター・シティから6ゴール、ユナイテッドから4ゴール、チェルシーから3ゴール、トットナムから2ゴールを奪っていることを紹介している。

 プレミアリーグのビッグ6では唯一リバプールから得点を奪っていないメッシだが、17日に行われる準々決勝第2戦でリバプールがポルトを合計スコアで上回ることになれば、準決勝の舞台で対戦が実現する。「彼はまだリバプールとの対戦でゴールを決めていない。しかし、準決勝でその壁を打ち砕くチャンスが訪れる可能性がある」と同メディアもメッシのプレーに注目を寄せているようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング