レアルFWベンゼマ、ノールックで美技! 高速ダブルタッチを海外称賛「美味しいパス」

レアル・マドリードのFWベンゼマ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのFWベンゼマ【写真:Getty Images】

同点で迎えた後半40分、圧巻テクニックでマルセロのシュート演出も勝ち越しならず

 レアル・マドリードは現地時間15日、リーガ・エスパニョーラ第32節レガネス戦で1-1と引き分けた。元フランス代表FWカリム・ベンゼマは同点ゴールを決めたが、スペインメディアはブラジル代表DFマルセロのシュートを演出した美技を「美味しいパス」と報じている。

 敵地に乗り込んだレアルだったが、前半45分に先制を許してしまう。しかし、1点ビハインドの後半6分、レアルはクロアチア代表MFルカ・モドリッチのスルーパスに反応したベンゼマがダイレクトシュート。一度は相手GKに弾かれたが、こぼれ球にいち早く詰めてゴールネットを揺らした。

 そして、同点のまま迎えた後半40分、ベンゼマはペナルティーアーク内で右側からの横パスを受けると、左足でトラップすると同時に、ボールを見ないまま右足で左方向へ。ペナルティーエリア内に駆け込んだベンゼマが左足でダイレクトシュートを放ったが、惜しくも相手GKの正面に飛んでしまい、勝ち越しゴールとはならなかった。

 それでも、スペイン紙「AS」は「彼は調子が良いので、すべてをあえて自分でやる。フランス人ストライカーはマルセロを助けるために美味しいパスを見せた」と動画付きで報じている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに去ったなか、ベンゼマやウェールズ代表FWギャレス・ベイルはその穴を埋め切れずに批判を浴びてきたが、ベンゼマは過去3年で最多となる18得点をマークしており、意地を見せている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング