バルサFWメッシ、“野蛮チャージ被害”に英紙騒然 「なんて惨劇だ!」「血に染まった」

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

相手のOGを呼び込んだメッシ、ユナイテッドDFスモーリングとの接触で顔面から流血

 バルセロナは現地時間10日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、1-0と勝利を収めた。敵地で貴重な白星を手にしたが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの流血騒動が波紋を呼んでいる。

 敵地オールド・トラッフォードに乗り込んだバルセロナは、守備に重きを置く3バックシステムを導入してきたユナイテッドに対し、早々に先手を奪う。前半12分、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの浮き球のスルーパスに抜け出したメッシがペナルティーエリア左でボールをキープすると、左足でファーサイドにクロスを供給。スペースに走り込んだウルグアイ代表FWルイス・スアレスが頭で合わせたシュートが相手DFルーク・ショーに当たり、そのままゴール左隅へと流れ込んだ。

 オウンゴールで貴重なアウェーゴールを手にしたが、前半29分にメッシをアクシデントが襲う。自陣に下がってきたメッシがハイボールを処理しようとしたところ、背後から相手DFクリス・スモーリングに猛烈なチャージを見舞われる。接触した際に相手の右手が顔面を直撃。その後プレーは切られたが、顔を抑えながら倒れ込んでいたメッシは出血が止まらず、目や鼻に応急処置を施すことになった。

 英紙「ザ・サン」は「なんて惨劇だ! スモーリングがメッシの鼻から流血させ、目を腫れ上がらせた」と見出しを打ち、「スモーリングの野蛮な衝突でメッシが血まみれにされた」と報道。英紙「デイリー・ミラー」も「スモーリングに粉砕されたメッシが血に染まることになった」と指摘している。

 治療後にピッチへ戻ったメッシは最終的にフル出場を果たし、勝利に貢献したが、試合終了後も何度も顔を触る仕草を見せており、痛みの残る試合となってしまったようだ。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング