J2東京Vが「ビジネススクール」を開校 “17チーム保有”の総合型スポーツクラブで実務体験

講義を受けるだけでなく、実際のスポーツの現場で活動しながらビジネススキルを身に付けることができる【写真:東京ヴェルディ】
講義を受けるだけでなく、実際のスポーツの現場で活動しながらビジネススキルを身に付けることができる【写真:東京ヴェルディ】

学生を対象に5月にスタート サッカー、トライアスロン、eスポーツなど各種競技の運営を学ぶ

 J2の東京ヴェルディは10日、スポーツの現場を教材に実務を通してビジネスを学ぶことを目的とした「東京ヴェルディカレッジ」を開校することを発表した。

 これは高校、専門学校、4年制大学や大学院生を対象に設立するもので、5月21日からスタート。現在、入学希望者を募集しており、前期が5月~8月、後期が10月~1月で、毎週火曜日の18時~21時までゼビオ東京本社や東京Vクラブハウス、各チームの活動場所で実施されるという。

 東京Vは今シーズン、サッカーのほかトライアスロン、eスポーツ、ビーチサッカーなど男女17チームの多種目競技チームを保有。今や国内屈指の総合型スポーツクラブとなっており、複数の競技運営に携わることができるのが最大の特徴だとしている。講師陣にもビジネスや実務経験に長けた人物を揃える予定で、「スポーツの現場を通して、優秀な人材をビジネス界に輩出する」ことを活動理念として掲げている。

 1993年に10クラブでスタートしたJリーグは、27年目を迎えた今シーズンは55クラブが参戦中。その下のカテゴリーであるJFLや地域リーグを含めても、全国各地にさまざまなチームが誕生し活動している。サッカーに限らず、その他のプロスポーツでも近年は「スポーツビジネス」が脚光を浴びており、Jリーグ初代王者である東京Vは未来を見据えて、「ビジネススクール」という新たな挑戦を始めるようだ。

【東京ヴェルディカレッジ募集概要】

■受講資格
・会場(ヴェルディクラブハウス、各チームの活動拠点やゼビオ本社)に通学可能な範囲に住所を有する学生
・健康でスポーツ学習過程を履修する意欲があり、地域活動・社会貢献活動に理解と熱意を持つ学生
・高校、専門学校、短期大学、4年生大学、もしくは大学院に所属する学生であること
■定員
20名
■出願方法
クラブ公式サイトの専用フォームから応募
https://forms.gle/88PpsJMKde7fJ1sk9
■出願締切
2019年4月30日(火・祝)
■入学説明会
2019年4月13日(土)、20日(土)に開催
希望者はクラブ公式サイトの専用フォームへ
https://forms.gle/DC25VRJ4ruQ9uNpdA

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング