「輝いた左足」 “元Jリーガー”邦本宜裕、失意の逆転負けも孤軍奮闘を韓国紙が称賛

慶南FCの21歳FW邦本宜裕【写真:Getty Images】
慶南FCの21歳FW邦本宜裕【写真:Getty Images】

慶南FW邦本、全2ゴールに絡む活躍で存在感 韓国地元紙も高く評価

 鹿島アントラーズは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節で慶南FC(韓国)と対戦。ビハインドを背負い、数的劣勢となるピンチのなか、後半アディショナルタイムに怒涛の2得点で劇的な逆転勝利を飾った。慶南は本拠地でまさかの敗戦を喫したが、2得点に絡む活躍を見せた元Jリーガーの21歳FW邦本宜裕に対し、韓国紙は「輝いた左足」と称賛の言葉を送っている。

 邦本は浦和レッズユースから2015年にアビスパ福岡へ加入してJリーグデビュー。翌年には主力クラスまで上り詰めたが、契約条項に違反する秩序風紀を乱す行為があったとして17年に福岡との契約解除が決定。無所属の期間を経て、2018年に韓国へ渡った。

 試合はスコアレスで迎えた後半11分、右サイドの敵陣深くで邦本が鹿島MF名古新太郎とマッチアップ。切り返しで相手を揺さぶり、ゴール前に鋭いクロスを左足で入れると、これが鹿島DF犬飼智也のオウンゴールを誘い、先制に成功した。

 さらに後半26分、邦本が右コーナーキックのキッカーを務め、左足でゴール前にピンポイントクロスを入れると、MFジョーダン・マッチが鹿島DF小田逸稀のマークを外して右足ボレーを突き刺し、アシストをマークした。

 後半30分に1点を返されたなか、鹿島が退場者を出して慶南は数的優位に立ったが、後半アディショナルタイムにまさかの連続失点を喫し、2-3と逆転負けを喫した。

 韓国紙「コリア・デイリー」は「輝いた邦本の左足」と見出しを打ち、日本からやってきたレフティーに言及。「邦本の左足は誰よりも輝いたが、慶南は理解できない守備で自滅した。邦本は活躍しても笑えず、物足りなさを味わった」と、移籍後初の日本クラブとの対戦は無念の黒星に終わったなか、孤軍奮闘したことを高く評価している。

 4月24日に鹿島のホームで行われる再戦で、虎視眈々とリベンジを狙う。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング