吉田麻也と元同僚マネ、“一触即発→笑顔でハグ”のやりとりに英注目 「認識した途端…」

英メディアも注目「日本人DFは怒りを露わにしたが…」

 記事では、「マネがバレリーを確認しようとした際、吉田に接触したため、この日本人DFは怒りを露わにしたが、それが元同僚の仕業と認識した途端に、彼はマネをいじり始めたように見えた」と綴り、一触即発の緊張感は一瞬に終わったことを説明している。

 マネはサウサンプトン時代に頭角を現し、16年にリバプールへと移籍し、今季から背番号「10」としてゴールを量産しており、17得点で得点ランキング3位タイにつけている。瞬く間にワールドクラスのアタッカーへと駆け上がったマネだが、吉田との関係が色褪せることなく良好であることが垣間見えたワンシーンとなった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング