吉田麻也と元同僚マネ、“一触即発→笑顔でハグ”のやりとりに英注目 「認識した途端…」

吉田(左)とマネ(右)のやりとりが話題になっている【写真:Getty Images】
吉田(左)とマネ(右)のやりとりが話題になっている【写真:Getty Images】

リバプール戦先発フル出場の吉田、元同僚マネとのやりとりが話題に

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は現地時間5日、プレミアリーグ第33節のリバプール戦に先発フル出場。チームは幸先良く先制するも、その後3失点を喫して1-3と敗れた。そんな一戦のなか、吉田と元同僚リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが試合中に見せた和やかなワンシーンに英メディアが注目を寄せている。

 吉田を3バックの中央に配置したサウサンプトンは、残留争いの渦中にあるものの、2連勝中と波に乗り始めていた。その勢いを物語るかのように、今季最少失点のリバプール守備陣の牙城を崩し、前半9分にアイルランド代表FWシェーン・ロングが先制点を奪う。しかし、ここからリバプールの怒涛の反撃を受けた。

 前半36分にギニア代表MFナビ・ケイタに同点弾を奪われると、後半35分にエジプト代表FWモハメド・サラー、同41分にイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンに追加点を許し、逆転負けを喫している。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「吉田がマネと一触即発になりかけた」と見出しを打って報じ、試合中に生じたワンシーンに焦点を当てている。

 1-1で迎えた後半31分、DFヤン・バレリーがピッチに倒れ込み試合が中断。吉田がしゃがみ込んで状態を確認していたところ、マネも様子を見ようと吉田の上から覆いかぶさった。その際、吉田は相手選手に押し退けられたと感じたようで、物凄い剣幕でそれを振り払い詰め寄ろうとした。

 しかし、相手がマネだと気づいた瞬間、「なんだお前か」と言わんばかりに笑顔でハグし、戯れるように後ろからマネのことを抱え込んでいた。吉田は2012年からサウサンプトンに在籍しているが、2014年から16年まで同クラブに所属していたマネとは2年間、チームメイトとして共闘しており、一緒に行動する時間の多い仲として知られていた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング