“日本キラー”ケーヒルと「狂気の6分間」 豪メディアが功績称える「中村俊輔らと…」

2006年ドイツW杯の日本戦で2得点を挙げたFWケーヒル【写真:Getty Images】
2006年ドイツW杯の日本戦で2得点を挙げたFWケーヒル【写真:Getty Images】

現役引退のケーヒルを特集 「21世紀におけるアジアサッカー界のビッグネーム」

 サッカー界における“日本キラー”と言われて、誰の名前が最初に思い浮かぶだろうか。ワールドカップ(W杯)出場6回を数え、アジア予選を通じても多くの強豪国と対戦を重ねてきた日本代表だが、ことごとく得点を許してきたという意味ではオーストラリア代表FWティム・ケーヒルに並ぶ存在はいないだろう。そのケーヒルが先日、現役引退を表明した。オーストラリア公共放送「SBS」は「ケーヒルがアジアのビッグスターとなるまで」と題して、その足跡を追っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 もともとはオセアニアサッカー連盟(OFC)に所属していたオーストラリアが、アジアサッカー連盟(AFC)に加盟したのは2006年のこと。OFC所属扱いでの参加となった同年のドイツW杯では日本と同組になり、終盤のゴールラッシュで3-1の逆転勝利を収めている。この時にケーヒルが挙げた2得点が、日本との因縁の始まりだった。「SBS」は次のように記している。

「狂喜の6分間、そしてスターが誕生した。一過性のものではない。ケーヒルは21世紀におけるアジアサッカー界のビッグネームとなったのだ。MFハリー・キューウェルやFWマーク・ビドゥカはより才能に恵まれていたし、築き上げたクラブキャリアも素晴らしい。しかしAFC加入後のアジアに与えたインパクトは、ケーヒルほどではない」

 ドイツW杯が代表で最後の舞台となったアジアのスターは多く、MF中田英寿をはじめ、イラン代表FWアリ・ダエイとサウジアラビア代表FWサミ・アル=ジャバーらが代表を去った。その後のアジアでの戦いにおいて、「日本のMF中村俊輔、韓国のMFパク・チソン、イランのFWアリ・カリミらとともに次の時代を象徴したのがケーヒルだった」と「SBS」は回顧。プレミアリーグとメジャーリーグ・サッカー(MLS)でのプレーを終えてから、中国とインドに渡ったことにも触れ、「他のプレーヤーに影響を与え、試合に向けた最高の準備を示した」と、その功績を称えている。

 2015年の地元開催でのアジアカップ優勝にも貢献したケーヒル。「SBS」は「アジアサッカー界はケーヒル不在によって寂しくなるだろう」と結んだ。ケーヒルの存在によるところも大きかった日本とオーストラリアの“ライバル関係”が今後、どうなっていくのかも注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」