ユーベに朗報! チェルシーから期限付き移籍中のコロンビア代表を30億円で完全移籍へ

クアドラードの買い取り交渉を伊メディア報じる

 今夏の移籍市場でチェルシーからユベントスに期限付き移籍したコロンビア代表MFフアン・クアドラードだが、すでに両クラブが買い取りオプションについて交渉を持ち、ユベントスへの完全移籍でまとまろうとしているという。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。
 クアドラードは、ユベントスで大きな存在感を放っている。先週はコロンビア代表としてワールドカップの南米予選を戦ったが、イタリアに戻って間もなくインテルとの大一番にもスタメン起用された。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後の記者会見で「右サイドはクアドラード以外に選択肢がない」と、大きな信頼を寄せいていることを語った。イングランドでは思ったような活躍を見せられていないが、フィオレンティーナ時代にも活躍したイタリアでは、水を得た魚のように躍動している。
 クアドラードのレンタル料は、150万ユーロ(約2億円)で、買い取りオプションのベース金額は2500万ユーロ(約34億円)だとされている。下交渉の結果として、多少の値引きとなる2200万ユーロ(約30億円)ほどで決着するのではないかという見通しを報じている。
 この交渉がまとまれば、冬の移籍市場が開いた段階で正式発表されるだろうとしている。開幕9試合でわずか9ゴールの上に14位と完全に出遅れたユベントスだが、右サイドで躍動している戦力の確保には成功しそうだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング