グアルディオラの美学 ベンゲル、ファーガソン流の20年政権は「不可能で退屈なこと」

今季限りでバイエルンと契約満了に、マン・C次期監督で合意報道も

 バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は、元マンチェスター・ユナイテッド(マン・U)指揮官サー・アレックス・ファーガソン氏やアーセナルのアーセン・ベンゲル監督のように一つのクラブで20年もの長期政権を築くことを「不可能で退屈」と語っている。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。
 今季限りで契約が満了するグアルディオラ監督は、マンチェスター・シティ(マン・C)の来季監督候補に挙げられ、すでに合意に達しているともうわさされている。20日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のアーセナル戦に向けた会見で、どのクラブに於いても長期政権を築くことはないと断言した。
「一つのクラブで20年過ごすというのは今や不可能だ。それだけのエネルギーを持っている人もいないだろう。みんな退屈してしまう」
 CLで対戦するアーセナルのベンゲル監督は今季就任20年目を迎え、27年間マン・Uを率いたファーガソン氏以来の長期政権を築く。ペップ監督も、これを称賛すると同時に、このフランス人監督はクラブ内ですでに特別な存在となっており、例外であると主張した。

page1 page2

トレンド

ランキング