なぜファン・ダイクは1対2の大ピンチを回避できた? 本人が解説「僕は知っていた」

ファン・ダイクがゲーム終盤に見せた見事な守備対応が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】
ファン・ダイクがゲーム終盤に見せた見事な守備対応が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】

絶体絶命のピンチを1人で打開したファン・ダイク リバプールはトットナムに2-1で勝利

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは現地時間3月31日、プレミアリーグ第32節トットナム戦で先発フル出場。チームが2-1で勝利を収めたなか、ゲーム終盤に迎えた1対2という絶体絶命のピンチで見せた見事な守備対応が話題を呼んでいるが、試合後にファン・ダイク本人がチームを救ったワンプレーについて振り返っている。

 マンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを演じているリバプールだが、前日にシティがフルハムに2-0で勝利し暫定首位に立っていたため、ホームに迎えた強豪トットナムとの一戦では勝ち点3の獲得が求められていた。厳しい試合展開が予想されていたが、前半16分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがヘディングを叩き込み、リバプールが幸先良くリードを奪う。

 今季のリバプールはリーグ最少失点を記録し、さらにホームで無類の強さを誇るため、この先制点によりプレーにゆとりが生まれ試合の主導権を握ったが、1-0で迎えた後半25分に一瞬の隙を突かれ同点ゴールを許してしまう。動揺が走ったリバプールは、そこから相手の猛攻に遭うことに。そして同40分、この日最大のピンチを迎えることになる。

 勝ち点3を求めて前がかりになったリバプールは、敵陣でボールを失うと、トットナムに素早いカウンターを仕掛けられ、FWソン・フンミンとMFムサ・シソコの2人に抜け出されてしまう。自陣に構えていたのはファン・ダイクのみで、1対2というピンチを迎えることになった。

 しかし、ここでオランダ代表のセンターバック(CB)は見事な対応を見せる。左サイドをドリブルでボールを持ち運ぶシソコと、右サイドのスペースに向かって走り込むソン・フンミンの間にポジションを取り、パスコースを切りながらも完全にフリーにさせない距離感でシソコを縦へと前進させると、シュートモーションに入った瞬間に寄せて足を伸ばす。圧力を感じたのか、シソコのシュートは大きく枠を逸れることになった。

 ファン・ダイクが披露した完璧な対応に各方面から称賛が送られているが、この危機的な状況下でファン・ダイクはトットナムの選手2人に対してどのような駆け引きを繰り広げたのか。衛星放送「FOXスポーツ」はファン・ダイクの試合後のコメントを紹介しており、該当シーンについても自ら解説している。

「僕はシソコを確認していたし、彼が右利きであることも知っていた。そして、ああいうチャンスでは、通常ソン(・フンミン)がフィニッシュまで持ち込むこともね。そこから判断したんだ」

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング