サッリ監督、殊勲の同点弾アザールにも注文 「よりボールを早く動かす必要がある」

サッリ監督はチームを救ったアザールにも、より速いボール回しの意識を持つように要求している【写真:Getty Images】
サッリ監督はチームを救ったアザールにも、より速いボール回しの意識を持つように要求している【写真:Getty Images】

昇格1年目のウルブスに苦戦を強いられるなか、アザールが試合終了間際に同点ゴール

 チェルシーは現地時間10日、プレミアリーグ第30節でウォルバーハンプトンと対戦。後半アディショナルタイムまでリードを許す展開となったが、背番号10のベルギー代表MFエデン・アザールの劇的な同点ゴールで勝ち点1を拾った。マウリツィオ・サッリ監督は“救世主”アザールも含めた選手全員に「学ばなければいけない」と注文を付けている。英ラジオ局「トークスポーツ」が報じた。

 本拠地スタンフォード・ブリッジに昇格1年目のウォルバーハンプトンを迎えたチェルシーは、序盤から圧倒的にボールを支配して攻勢を仕掛けた。しかし、人数をかけて守る相手の守備を崩しきれない時間が続いた。

 前半は相手にシュートを1本も打たせなかったが、後半11分には一瞬の隙を突かれてカウンターを被弾。メキシコ代表FWラウール・ヒメネスに今季12得点目を決められてビハインドを背負った。

 チェルシーはその後、司令塔のイタリア代表MFジョルジーニョを下げて、推進力のあるブラジル代表MFウィリアンを投入するなど、なりふり構わぬ反撃に出た。敗れれば第15節のアウェーゲーム(1-2)に続いてウォルバーハンプトンに“シーズンダブル”を食らうという状況でチームを救ったのはエースMFアザールの個人技だった。

 後半アディショナルタイム、左サイドでパスを受けたアザールは得意のカットインの形でDFを振り切り、右足を強引に振り抜いた。シュートはDFの隙間を抜け、GKの手が届かないゴール右隅のネットを揺らした。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング