メッシのFK弾を「回避する方法」に現地メディア注目 対戦相手が見せた「稲妻への奇策」

メッシのFK弾を「回避する方法」に現地メディアが注目【写真:Getty Images】
メッシのFK弾を「回避する方法」に現地メディアが注目【写真:Getty Images】

バルセロナがラージョ・バジェカーノに3-1と逆転勝利 メッシは1得点1アシストの活躍

 バルセロナは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第27節でラージョ・バジェカーノと対戦し、3-1で逆転勝利を収めた。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは1得点1アシストの活躍を披露し、勝利の立役者となった一方、現地メディアはラージョ・バジェカーノが試合中に披露したメッシの直接FKへの“対策”に注目している。
 
 前節レアル・マドリードとの“エル・クラシコ”を1-0で制し、独走態勢を築くバルセロナはホームにラージョ・バジェカーノを迎え撃つも、前半24分に先制点を献上。しかし同38分、右サイドでFKを得ると、メッシの正確無比なクロスから元スペイン代表DFジェラール・ピケがヘディング弾を叩き込み同点に追いつく。さらに後半6分に得たPKをメッシが決め切り勝ち越すと、同37分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが追加点を奪って逆転勝利をつかみ取った。

 勝負強さを発揮したバルセロナだが、現地メディアはラージョ・バジェカーノが見せたメッシのFK対策にスポットライトを当てている。話題となっているのはバルサが2-1で迎えた後半24分、ペナルティーエリア手前でFKを得た場面だ。キッカーを務めたメッシが左足を振り抜くと、ボールは壁を越えてカーブしながらゴールのニアサイドへと迫る。しかし、壁に入っていた相手DFアレックス・モレーノが、シュートが放たれる瞬間に勢い良く後方へと下がり、間一髪ヘディングでクリアした。

 メッシの直接FKが壁を越えることを想定したうえでの対応に、スペイン紙「マルカ」は「メッシのゴールへ迫る稲妻への奇策」と表現すると、バルセロナ専門メディア「FCBN」は「メッシの相手に穴を空ける直接FK弾の能力は、論理的にも失点を避けるためにあらゆる秘策に頼らざるを得ない」と指摘したうえで、ラージョ・バジェカーノが見せた斬新なクリアについて「メッシの直接FKを回避するための方法を見出した」と説明している。

 メッシはこれまでキャリアを通じて数多くの直接FK弾を突き刺してきたが、世界最高峰のキック精度に対し、対戦相手もあらゆる対策を練ってきているようだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング