“ACL王者”鹿島、連覇へ白星発進! 序盤にPK失敗も…前後半1ゴールずつ奪い2-1勝利

セルジーニョがミドル弾を叩き込んだ【写真:Getty Images】
セルジーニョがミドル弾を叩き込んだ【写真:Getty Images】

21歳MF平戸が先制弾、セルジーニョが華麗に追加点を奪い逃げ切る

 鹿島アントラーズは5日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦ジョホール(マレーシア)戦をホームで迎え、後半11分までに2点をリード。残り10分で1点を返されたものの、2-1の勝利で大会初戦を白星で飾った。

 昨季に続くACL連覇を狙う鹿島は、リーグ3位からニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)とのプレーオフを4-1で制して本戦へ進出。1日のリーグ第2節・川崎フロンターレ戦(1-1)から先発メンバー5選手を入れ替えて本拠地での開幕戦を迎えた。

 先にビッグチャンスを得たのが鹿島だった。前半15分、FW山口一真のミドルシュートを相手GKが弾くと、FWセルジーニョがこぼれ球を拾った。そこで相手GKは慌ててセルジーニョを倒してしまいPKの判定。しかし、このチャンスで自らキッカーを務めたセルジーニョはゴール左を狙ったもののコースが甘く、相手GKにストップされてしまった。

 鹿島は左サイドバックのDF安西幸輝の積極的なオーバーラップからチャンスを作る場面が多かった中で迎えた同43分、自ら蹴った左コーナーキックがクリアされたところを拾ったMF平戸太貴が右足クロスを上げると、中央に飛び込んだ鹿島の選手たちの動きに惑わされたGKは動けず、ボールはそのままゴール内へ。鹿島が貴重な先制点を奪い、1-0とリードして前半を終えた。

 鹿島は後半も左サイドから攻撃を活性化させ、立ち上がりの2分には安西のオーバーラップからFW金森健志とセルジーニョが立て続けにゴール前でシュートを放ったが、追加点とはならなかった。同9分にも相手最終ラインからボールを奪ったセルジーニョが持ち込んだものの、GKと1対1になったところでのシュートは戻ってきたDFにカットされてしまった。

 立て続けにチャンスを逃していたセルジーニョだが、それでも動じることなくゴールを奪った。同11分、相手DFのクリアミスを拾うとペナルティーエリアすぐ外の中央から左足で巻き込むミドルシュートがクロスバーに当たってゴール内へ。鹿島が2-0とリードを広げて勝利に大きく前進した。

 その後も鹿島はゴール前で金森にシュートチャンスが回ってくる場面があったものの、追加点とはならず。逆に同35分にはセットプレーからの二次攻撃でブラジル人FWジオゴにゴールを許し、1点差に詰め寄られた。それでも残り時間で同点ゴールを許すことなく、2-1で鹿島が勝利。アジア連覇に向けて白星スタートを切った。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング