「僕が今週のキングだと…」 ワトフォードFW、元同僚メッシのハットトリックに脱帽

セビージャ戦でキャリア通算50回目となるハットトリックを達成したメッシ【写真:Getty Images】
セビージャ戦でキャリア通算50回目となるハットトリックを達成したメッシ【写真:Getty Images】

「今週のキングになったと思った。サンチェス・ピスフアンでのメッシを見るまではね」

 ところが、その翌日にスペインでは世界的スターのメッシがセビージャ戦でキャリア通算50回目となるハットトリックを決め、バルセロナを逆転勝利に導いた。デウロフェウは、スペインラジオ局「オンダ・セロ」のラジオ番組「El Transistor」で、今回の“ハットトリック”に言及し、バルセロナ時代のメッシとの思い出を明かした。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

「僕が今週の“キング”になったと思ったんだよ……。サンチェス・ピスフアン(セビージャの本拠地)でのメッシを見るまではね。彼は素晴らしい選手で、僕は本当に彼を見ることを楽しんでいるよ。バルセロナの時に一度、まるでスイカを蹴ったかと思うようなボールを彼に出してしまった。すぐに謝ろうとしたんだけど、彼は見事なタッチでボールを収めたんだ」

 バルセロナでの時間には感謝しているというデウロフェウだが、出戻りには積極的でないようだ。「世界最高のプレーヤーと並んでプレーできたけど、自分のキャリアのために自分の道を進まなければならなかった」と言及。カンプ・ノウの地で“ニュー・メッシ”と呼ばれるプレッシャーは「トゥーマッチだった」とも述べている。

「僕は我慢強い人間じゃない。プレーしたかったけど、バルセロナではプレーできていなかった。それに、あの時はワールドカップイヤーだったから、移籍して、よりプレーする時間が欲しかったんだ」

 さまざまな壁を乗り越え、24歳のアタッカーはワトフォードで伸び伸びとプレーしている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング