無双のメッシ、ライバル贔屓紙が“脅威”認定に英メディア反応 「ベストだと認めた」

バルセロナのFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナのFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

「止めようがない」鮮烈ボレーを含む3ゴール奪取で通算50回目のハットトリック達成

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間23日、リーガ第25節セビージャ戦で通算50回目のハットトリックを達成し、4-2の逆転勝利に大きく貢献した。1点目の鮮烈なダイレクトボレー弾は海外メディアから「止めようがないボレー」と称賛を浴びたが、ライバルであるレアル・マドリードの贔屓紙「マルカ」も「メッシのパフォーマンスはマドリードを怯えさせるだろう」とコラムを掲載。これを受け、英メディアは「マドリードメディアでさえもメッシがベストだと認めた」と報じている。

 試合は前半22分、鮮やかなカウンターからセビージャMFヘスス・ナバスに先制点を決められ、バルサが1点を追う展開に。しかしその4分後、左サイドからのクロスをメッシが鮮やかな左足ボレーで合わせて同点とした。同42分にはセビージャDFガブリエル・メルカドのゴールで再びリードを許し1-2で試合を折り返したが、苦しい展開のなかでメッシが輝く。後半22分にフランス代表FWウスマン・デンベレのパスを受けて同点ゴール、同40分には味方のシュートのこぼれ球を詰めて勝ち越し点をゲットした。

 さらに後半アディショナルタイムには、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのダメ押し点もお膳立て。4ゴールすべてに絡む、まさにメッシの独壇場でバルサが逃げ切りに成功した。

 メッシはキャリア通算50回目のハットトリックを達成。特に、1点目に対してはスペイン紙「スポルト」が「メッシ、止めようがないボレー」と報じるなど、世界中から賛辞が送られていた。

 英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」は、バルセロナのライバルであるレアル贔屓の「マルカ」紙が「メッシのパフォーマンスはマドリードを怯えさせるだろう」とコラムを掲載したことに言及。「マドリードメディアでさえもメッシがベストだと認めた」と見出しを打ち、「メッシは毎週歴史を刻む」「わずか23試合で25ゴール。壮観だ」「スペインのみならず、欧州のどこに行っても彼は唯一無二だ」とファンの声を紹介している。

 31歳となっても進化を続け、ライバルクラブさえも認めさせてしまったメッシ。その圧巻のプレーで、改めてリーガが自身を中心に回っていることを証明した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング