メルボルンV本田、復帰後初スタメンで今季4アシスト目! 同点弾演出もチームは3位転落

本田が復帰後初スタメンで今季4アシスト目!【写真:Getty Images】
本田が復帰後初スタメンで今季4アシスト目!【写真:Getty Images】

メルボルン・シティとのダービーに先発出場、1-1のドローに貢献

 メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑は、23日のAリーグ第20節メルボルン・シティ戦に戦列復帰後初スタメンを果たし、1点ビハインドで迎えた後半5分にスルーパスで同点ゴールをアシストした。“メルボルン・ダービー”の1-1ドローに貢献している。

 昨年12月に右足のハムストリングを負傷し戦線離脱していた本田は、10日の第18節パース・グローリー戦(1-2)に途中出場すると、前節ウェリントン・フェニックス戦(1-1)にも後半途中から出場し、PKで復帰後初ゴールを決めていた。

 この日、同都市のライバルとのダービーで復帰後初スタメンを飾った本田だったが、試合は前半15分にメルボルン・Vのドイツ人DFゲオルク・ニーダーマイアーが、ペナルティーエリア内でのファウルによって2枚目の警告を受けて退場処分。同16分にそのPKを決められ、数的不利に陥る苦しい展開を強いられた。右サイドに入った本田も、なんとか戦況を打開しようとするが、突破口を切り開けないまま0-1でハーフタイムを迎える。

 そんな苦しいチームを救ったのは、本田の左足だった。後半5分、敵陣でボールを受けた本田は、相手の最終ライン裏へ抜け出すニュージーランド代表FWコスタ・バルバルセスの動きを見逃さなかった。利き足の左足で丁寧なスルーパスを送ると、ペナルティーエリア右に侵入したバルバルセスは、ワントラップ後、角度のない位置からシュートを放ち、これが相手GKの手を弾いてゴール内に吸い込まれた。

 本田にとっては、これが今季4アシスト目となり10人のチームに貴重な同点弾をもたらした。その後、クロスバー直撃のピンチも招いたメルボルン・Vだが、守備陣が粘り強い守備で対応。本田は同32分にベンチへと下がり、試合はそのまま1-1で終了した。

 大一番のダービーで勝ち切れず、これで3試合連続の未勝利(2分1敗)となったメルボルン・Vは、シドニーFCにかわされ3位に転落。勝負のリーグ終盤戦に向けて、今季11試合出場で6得点4アシストと輝きを放つ本田の力は、ますます重要度を増していきそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング