浦和DF槙野、“左サイドの新相棒”山中との連携イメージに言及 「新しい武器になる」

浦和レッズのDF槙野智章【写真:轡田哲朗】
浦和レッズのDF槙野智章【写真:轡田哲朗】

山中の攻撃力を生かすべく、槙野は守備に比重を置くことを明言

 J1浦和レッズの日本代表DF槙野智章は、23日のリーグ開幕戦ベガルタ仙台戦の前日練習を終えると、左サイドでコンビを組むことが濃厚になった新加入の日本代表DF山中亮輔の攻撃力を生かしたいと語った。

 浦和は22日の練習を非公開で行い、オズワルド・オリヴェイラ監督は「攻撃のセットプレーを確認した」とその内容を説明。そして、スタメンを「今週に練習してきたメンバー」と公言した。槙野はトレーニングを終えるとDF茂木力也、DF荻原拓也、DF岩武克弥といった若手たちとリフティングゲームでコミュニケーションを取り、クラブハウスに引き上げた。

 槙野は3バックの左、山中が左ウイングバックに入ることが極めて濃厚ななかで、槙野は後方から山中の良さを生かすためのプレーをすることを考えている。

「攻撃面で、個人でも周りを使った打開という意味でも、浦和の新しい武器になると思います。守備では上手くコミュニケーションを取る必要がありますけど、彼の良さは攻撃。僕が攻撃に出ていくよりも、彼に守備の負担をかけずに高い位置を取れるようにしたほうがチームにとって良いと思っています」

 オリヴェイラ監督は16日の富士ゼロックス・スーパーカップで川崎フロンターレに0-1で敗れると、今週は守備力に定評のあるDF橋岡大樹が入っていた右ウイングバックにMF宇賀神友弥を左から回し、山中を入れている。武器である左足のキックにはFW興梠慎三らの攻撃陣も期待をかけているだけに、槙野は後方支援に徹して横浜F・マリノスから加入した新戦力を生かす構えだ。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング