「大迫に似ている」 鹿島スカウト部長が語る東京五輪世代FW上田綺世の魅力と可能性

鹿島の椎本スカウト部長が語るFW上田綺世の魅力とは?【写真:Football ZONE web】
鹿島の椎本スカウト部長が語るFW上田綺世の魅力とは?【写真:Football ZONE web】

椎本スカウト担当部長は2021年の加入が内定した上田の“得点へのこだわり”を高評価

 J1鹿島アントラーズに2021年からの加入が内定した法政大FW上田綺世が20日、記者会見を行った。鹿島の椎本邦一スカウト担当部長は東京オリンピック世代のエース、次世代の日本代表エースとしての期待が懸かる逸材を「即戦力」と評し、「点を取ることに関しては大迫に似ている」と現在の日本代表でエースを担うクラブOBのFW大迫勇也(ブレーメン)の名前を挙げた。

 1998年生まれと東京五輪世代の上田は、中学時代は鹿島Jrユースノルテに在籍。鹿島のトップチームでのプレーを夢見ていたが、ユース昇格は叶わなかった。その後、鹿島学園高を経て法政大に進学。1年時から出場機会をつかみ、2年時の昨季はゴールゲッターとして、法政大の42年ぶりとなるインカレ(全日本大学サッカー選手権)優勝の原動力となった。

 鹿島の椎本スカウト担当部長は、鹿島学園高時代も「点を取るFWだな」と見ていたというが、具体的に「欲しい」と思ったのは大学に入ってからだと明かす。大学進学で体ができ上がってきたのに加え、一番高く評価する点は「得点へのこだわり」だ。鹿島には代々、FW柳沢敦、FW興梠慎三(現・浦和レッズ)、FW大迫ら頼れるストライカーが君臨してきたが、上田の得点嗅覚は大迫に通ずるものがあるという。

「柳沢はみんなで点を取ろうとする選手で、周りを使うのも上手い。(興梠)慎三はまた違う(タイプ)。点を取ることに関しては大迫に似ている。一番FWとして大事なことですよね。ヨーロッパに行けば、点を取らないと評価してくれないですから」

 上田自身も「高さ、速さ、シュートを打てるといった細かい特長はあると思いますけど」と前置きしたうえで、「それらは点を取る僕の武器。ゴールに対する姿勢・嗅覚は負けたくない」と自負を覗かせる。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング