鎌田は「未知だった」 監督が“点取り屋覚醒”ぶりを高評価「リーグのレベルを超越」

シント=トロイデンのMF鎌田大地【写真:Getty Images】
シント=トロイデンのMF鎌田大地【写真:Getty Images】

シント=トロイデン移籍1年目でリーグ5位の11ゴールを挙げるハイパフォーマンス

 シント=トロイデンのMF鎌田大地は、ウイングを主戦場にリーグ5位の11ゴールを挙げている。苦汁をなめた昨季のフランクフルトから一転、ベルギー移籍で輝きを取り戻しているが、マーク・ブライス監督は「テクニックは(ベルギー)リーグのレベルを超越している」と絶賛している。ドイツメディア「FUSSBALL.NEWS」が報じた。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 鎌田は2017年6月、J1サガン鳥栖からドイツ1部フランクフルトへ完全移籍。4年の長期契約を結び、開幕戦でリーグデビューを飾ったものの、その後失速して1年目はわずか3試合の出場に終わった。

 2年目の逆襲を誓うなか、フランクフルトから構想外の扱いと伝えられ、昨年8月末にベルギー1部シント=トロイデンへの期限付き移籍が決定。そこから鎌田の快進撃が始まった。

 リーグ第7節ヘント戦(2-1)で、途中出場から初ゴールで決勝点を挙げて勝利に貢献すると、3試合連続弾を含むチームトップの11ゴール(26試合終了時)を積み上げ、得点ランキングでも堂々のリーグ5位にランクインしている。

 ドイツメディア「FUSSBALL.NEWS」は「カマダはブライスを感心させる」との見出しで、ゴールを量産する日本人アタッカーについてレポートしている。

「シント=トロイデンは5位につけている。マーク・ブライス監督の重要なファクターがダイチ・カマダだ。ブライスは彼の爆発に驚いた」

[ftp_del]


[/ftp_del]

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド