好調バルサに迫る“世代交代”の必要性 スペイン紙が推挙する主力の後継者は?

(左から)メッシ、スアレス、ピケ、ブスケッツ、ラキティッチ【写真:Getty Images】
(左から)メッシ、スアレス、ピケ、ブスケッツ、ラキティッチ【写真:Getty Images】

主力選手が30歳超となるバルサの平均年齢は27.2歳 クラブの未来を担うヤングスターとは?

 今季のバルセロナは第24節終了時点でリーガ・エスパニョーラ首位を快走し、スペイン国王杯やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも勝ち残っているため、4シーズンぶりの三冠達成の可能性を十分に秘めている。スペイン紙「マルカ」は「世界で最も強力なチームの一つであるのは間違いない」としつつも、高齢化が進むチームには早急な世代交代が必要だと主張している。

 メッシを中心に多くのクラックを擁して圧倒的な強さを見せているバルサは、今季の公式戦の成績を2月17日時点で25勝9分4敗とし、リーグ戦、国内カップ戦、CLを制覇する三冠に最も近いチームの一つと言える。しかし、現時点でのチームの平均年齢は27.2歳とライバルチームのレアル・マドリードより1歳強も上となっていて、高齢化が進んでいる。さらに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、元スペイン代表DFジェラール・ピケ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチなど各ポジションで主力を務める選手は、すべて30歳を超えており世代交代の必要性に迫られている。
 
 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、残り2年の任期中にチームの世代交代を進めたいと伝えた「マルカ」紙は、主力選手の後継者となり得るヤングスターをピックアップしている。

 同紙はメッシについて「かけがえのない存在」と見出しをつけ、「世界のどこにもリオネル・メッシに変わる者はおらず、クラブは新たな契約を結ぶ」と、バルサが生んだ希代のスーパースターにはいつまでも選手として活躍してもらいたいと考えていることを伝えている。

 メッシの他にも、ピケの後継者には19歳になったアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの後継者には来季からの加入が決定している19歳のU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(トゥールーズ)を挙げている。

 スペイン代表DFジョルディ・アルバも3月には30歳となり、キャリアの終盤を迎える選手になる。そのアルバの後釜には、以前からバルサが注目するリヨンのフランス代表DFフェルランド・メンディを推している。しかし、23歳となる若きDFは他のビッグクラブも狙っている逸材であることも伝えている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング