「日本人らしさ」になぜこだわる? 協会が掲げる「ジャパンズウェイ」に感じる曖昧さ

日本代表【写真:田口有史】
日本代表【写真:田口有史】

ご都合主義に映る“ジャパンズウェイ”のキャッチフレーズ

 日本サッカー協会が言う「Japan’s Way」とはなんなのだろう。「日本人らしさ」ということだろうし、ボールを保持して攻撃するとか、チャレンジ&カバーでソリッドに守るなど、それらしいことは言える。

 ただ、日本の選手が普通にプレーすればジャパンズウェイ以外になりようはないわけで、協会の挙げる「日本人らしさ」が、ドイツやブラジルやナイジェリアにはない日本特有のものかというと、そうではない。エディー・ジョーンズ監督がラグビーの日本代表で「ジャパン・ウェー」と言い出したのは、もっと戦術的な意味があったはずだが、協会が掲げるジャパンズウェイはかなり曖昧模糊としている。

 イビチャ・オシム監督が「日本サッカーの日本化」と言い出したあたりから、「日本人らしさ」が、さも大事なふうに思われてきた感があるのだが、ワールドカップ(W杯)を勝ち抜いていくのにそれがそんなに役に立つとは思えない。むしろ、日本人らしくないものを身につけるほうが結果に直結するかもしれない。

 例えば、ロシアW杯ラウンド16のベルギー戦(2-3)で空中戦を挑まれた時、日本代表にあれを平気ではね返せる高さと強さがあれば、2-0のスコアを逆転されたりしなかっただろう。

 アジアカップでは吉田麻也と冨安健洋のセンターバック2枚がハイクロスへの強さを見せていた。ゴール前の高さや強さは日本の弱点であり、ある意味で「日本人らしさ」でもある。吉田、冨安はその点で日本人らしくない。つまり、長所については日本人らしいままでいいが、短所については日本人らしくないほうがいいわけだ。上手くいったらジャパンズウェイだが、惨敗したらたぶん誰もそんな話はしない。ご都合主義のジャパンズウェイである。

 日本代表の強化において、「日本人らしさ」は関係がない。今のところ日本サッカーは均質性が高く、外国人から見れば日本のチームは以前からずっと日本らしかった。韓国との区別はつきにくいかもしれないが、スウェーデンやナイジェリアのユニフォームを着てプレーしてもすぐにバレる。フランスはアフリカのチームと間違えられるかもしれないが、日本にそれは起こらない。均質的な選手たちは考え方も体格も似ているから、長所も短所もはっきりしている。それ自体は勝負において良くも悪くもあるわけで、戦いの場において「日本人らしさ」は制約にすぎない。日本らしいプレー以外に選択肢がないのだ。ライオンは、ハゲタカやワニのように戦えないというだけの話である。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング