「何回も見るかも」 豪州女子が圧巻の”バク宙ゴールパフォーマンス”でW杯公式も反応

パース・グローリーFWカー【写真:Getty Images】
パース・グローリーFWカー【写真:Getty Images】

パース・グローリーFWカーがハットトリックを決めて男子顔負けのパフォーマンス披露

 オーストラリア女子サッカーリーグのWリーグは現地時間10日にプレーオフ準決勝が行われ、パース・グローリーが延長戦の末にメルボルン・ビクトリーを4-2で下し、グランドファイナル進出を果たした。女子オーストラリア代表FWサマンサ・カーが圧巻のハットトリックを決めたが、3点目を挙げた後に見せた男子顔負けのバク宙セレブレーションをリーグ公式ツイッターが公開すると、今年6月に開催されるフランス女子ワールドカップ(W杯)公式ツイッターが「我々はW杯でこのセレブレーションを何回も見るかもしれない」と反応している。

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑がリーグ第18節パース・グローリー戦(1-2)で10試合ぶりの復帰を果たした同日、奇しくも女子の同カードでプレーオフ準決勝が行われた。

 ホームのメルボルン・ビクトリーが前半2分に先制したなか、パース・グローリーも後半27分にFWカーのゴールで同点。さらに同41分に追加点を挙げてリードを奪ったが、後半アディショナルタイムに失点して試合は延長戦へ。延長前半、延長後半にカーが1点ずつを加え、アウェーのパース・グローリーが4-2でグランドファイナル進出を決めた。

 Wリーグ公式ツイッターは、「単純に最高! サム・カーがパース・グローリーをWリーグのグランドファイナルに導く特別なハットトリック。アメージング!」とカーのハイライト動画を公開。自身3点目をマークした後には、バックスタンド側に駆け出して男子選手顔負けのバク宙を決める圧巻のゴールパフォーマンスを見せており、投稿のコメント欄には「絶対的なスター」「アンリアル」「彼女は信じられない」と海外ファンから驚きの声が上がった。

 これには、フランス女子W杯公式ツイッターも、Wリーグの投稿を引用する形で「我々はW杯でこのセレブレーションを何回も見るかもしれない」と反応。25歳にして2011年ドイツ大会、15年カナダ大会を経験しているカーの活躍に期待を寄せた。

 7大会連続7回目の出場となるオーストラリアは、W杯グループリーグでイタリア、ブラジル、ジャマイカと同組。昨年のアジアカップで3得点を挙げているカーのゴールとパフォーマンスは見どころの一つになりそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング