メルボルンV本田、10戦ぶり復帰を勝利で飾れず 後半17分から途中出場も1-2で敗戦

本田がパース・グローリー戦で10戦ぶりに復帰を果たした【写真:Getty Images】
本田がパース・グローリー戦で10戦ぶりに復帰を果たした【写真:Getty Images】

本拠地パース・グローリー戦で10戦ぶり復帰も、決定的シーンを作るには至らず

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が、10日のリーグ第18節パース・グローリー戦で10試合ぶりの実戦復帰。後半17分から途中出場して攻撃を活性化させた一方でゴールには絡めず、チームも1-2で敗れた。

 ホームのメルボルン・Vはパース・グローリーに攻められながらも決定打は許さず、スコアレスのまま後半へ。同12分にGKローレンス・トーマスの好セーブが飛び出した直後だった。

 後半15分、ペナルティーエリア内で相手のパスがDFコーリー・ブラウンの手を直撃してPKを献上。トーマスも足元右側へのグラウンダーの一撃に反応が遅れ、弾いたボールがネットを揺らしてしまった。

 本田は1点ビハインドとなった後半17分から登場。スタジアムに駆け付けた地元サポーターから大きな拍手と声援を受けてピッチに入った。

 メルボルン・Vは後半24分、パース・グローリーに右サイドを崩されると、スペイン人MFディエゴ・カストロにジャンピングボレーを決められて追加点を献上。しかし、同33分にニュージーランド代表FWコスタ・バルバルセスがペナルティーエリア内から今季10点目を挙げ、ようやく反撃の狼煙を上げる。

 本田は小気味よくパスを捌いてリズムを作ろうと試みたが、決定的シーンを作るには至らず。アディショナルタイムにはペナルティーエリア外からシュートを放つも枠を外し、本拠地でパース・グローリーに1-2で敗れた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング