「U-20W杯経由・東京五輪行き」を目指して INACスタンボー華、なでしこJへの挑戦

INAC神戸レオネッサのGKスタンボー華【写真:(C)INAC KOBE】
INAC神戸レオネッサのGKスタンボー華【写真:(C)INAC KOBE】

U-20W杯優勝とリーグ戦デビューを経験した2018年を経て、なでしこチャレンジに参加

 日本女子代表候補グループを対象とした、なでしこチャレンジのトレーニングキャンプが、1月28日から4日間行われた。なでしこジャパン入りを目指す精鋭23名のなかで、フル代表の活動初参加となった1人がINAC神戸レオネッサのGKスタンボー華だ。ドイツ系米国人の父と日本人の母を持つ175センチの守護神は、「東京オリンピックの競争に食い込んでいきたい」と決意を口にした。

 スタンボーにとって、2018年は成長と課題を手にした1年だった。2017年のINAC加入後、公式戦出場を果たせぬまま、昨年8月に行われたU-20ワールドカップ(W杯)の大舞台に挑んだ。それでもグループリーグ第2戦のスペイン戦を除き、全6試合中5試合にスタメン出場。ヤングなでしこの正GKとして、好セーブを連発して世界一への快進撃を支えた。帰国後はリーグ第17節のセレッソ大阪堺レディース戦(4-0)で待望のリーグ戦デビューを飾り、2試合の経験を積むことができた。

「今まで試合経験が少なかった分、(U-20W杯の)大舞台でいつも以上に頑張らなきゃという思いはありました。日本に帰ってきてからもINACでリーグ戦2試合に出させてもらって、少しは自信がついたかな、と。でも、課題もたくさん見つかったので、自分と向き合う良いチャンスになったと思います」

 今回、なでしこチャレンジのトレーニングキャンプには、U-20W杯優勝メンバーからスタンボー、DF宮川麻都(日テレ・ベレーザ)、MF林穂之香(C大阪L)、FW宝田沙織(C大阪L)の4人が招集された。スタンボー自身、初めてフル代表に関わる活動に参加するとあって「緊張と不安もあった」というが、「それでもやらなきゃいけないことはできたと思います」と振り返る。

「なでしこチャレンジに呼ばれてきた選手たちはみんな上手かったです。まだシーズン開幕前で思うように体が動かないなかでも、INACという素晴らしいクラブに身を置いているおかげで、『自分もやれる』と感じられる部分がありました。今回、チームとしてパスが合わない場面も何回かあって、自分も合わせきれなかった。そういう状況下で、『もう少し落ち着いて、周りを見てプレーしよう』とGKコーチに言われました。適応力と協調性は磨いていきたいと思います」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング