メッシが相手8人を攻略! “プレミアム価値付きスペース”での美弾に称賛「衝撃的」

バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

1点ビハインドの後半19分、完璧なまでのコントロールショットで同点に追いつく

 バルセロナは現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ第22節バレンシア戦で2-2と引き分けた。2点を先行される苦しい展開のなか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがチームを救う2ゴールを奪取。英公共放送「BBC」も絶対的なエースの活躍を伝えている。

 試合は前半24分、32分と立て続けにゴールを許し、バルサは本拠地カンプ・ノウで2点を追う展開を強いられた。だが、同39分に得たPKをメッシが冷静に決めて1点差に詰め寄ると、迎えた後半19分、メッシが卓越したコントロールショットでネットを揺らした。

 ペナルティーエリア手前でボールを拾ったチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルからヒールパスを受けると、前後左右を相手8人に囲まれるなかで間髪入れずに左足を振り抜き、相手GKネトが一歩も動けない完璧な一撃をゴール左隅に突き刺した。

 記事では、メッシの同点弾について「ブロックを築くバレンシアのエリアに設けられたわずかなスペースはプレミアム価値が付くほどだった。しかし、メッシにとってはゴールに変換するに十分なものであり、衝撃的な一撃でネトを無力化した」とゴラッソ認定した。

 その後、後半25分にメッシは相手DFとの競り合いで右太ももを痛め、タッチライン際で治療。その後ピッチに戻るも、痛みがある素振りを見せていた。4日後に行われるコパ・デル・レイ(国王杯)準決勝第1戦で宿敵レアル・マドリードとの対戦が控えていることもあり、不安を残す結果となった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング