日本代表、アジア杯全23選手査定「株を上げた人・下げた人」 台頭と苦悩で明暗は…

(左から)DF吉田、DF冨安、FW大迫、MF遠藤、MF乾【写真:田口有史&ⒸAFC】
(左から)DF吉田、DF冨安、FW大迫、MF遠藤、MF乾【写真:田口有史&ⒸAFC】

守護神として君臨した権田、バックパスの対応で不安定さが目立ち…

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、2011年大会以来の優勝にあと一歩届かなかった。惜しくも準優勝で終えたが、森保ジャパン23選手の誰が大会を通じて株を上げたのか。各選手の実績や能力を踏まえつつ、5段階(◎/〇/△/×/―)で査定。ポジション別に「評価を上げた人・下げた人」を見ていく。

【アジアカップ・日本代表の全7試合成績】
グループリーグ(GL)
第1戦 トルクメニスタン戦 3-2 得点者:大迫2、堂安
第2戦 オマーン戦 1-0 得点者:原口(PK)
第3戦 ウズベキスタン戦 2-1 得点者:武藤、塩谷

決勝トーナメント
ラウンド16 サウジアラビア 1-0 得点者:冨安
準々決勝 ベトナム 1-0 得点者:堂安(PK)
準決勝 イラン 3-0 得点者:大迫2(1PK)、原口
決勝 カタール 1-3 得点者:南野

■ゴールキーパー
△ 権田修一(サガン鳥栖→ポルティモネンセ)
[6試合(540分)・5失点]

△ シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
[1試合(90分)・1失点]

― 東口順昭(ガンバ大阪)
[0試合(0分)・0失点]

 腰の違和感から一時別メニュー調整となった東口は戦力となれず、評価ポイントの対象外に最も近い存在だ。23人の中で唯一出場なしに終わった。シュミットはウズベキスタン戦にフル出場し、ビッグセーブも披露。しかし、権田の存在を脅かすまでには至らなかった。大会を通じて守護神として君臨した権田は、イラン戦で相手エースFWサルダル・アズムンの決定的シュートを左足で防ぐなど好プレーも光った。しかしバックパスの対応で不安定さが目立ち、不安が付きまとった感は否めない。ベトナム戦やイラン戦では自らのパスからピンチを招いており、チームに安心感を与えられなかった点は反省材料だ。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング