バルサが巨額を投じた「エキサイティングな移籍加入10選」 大物列挙のなか1位は?

(左から) FWスアレス、FWネイマール、FWビジャ、FWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】
(左から) FWスアレス、FWネイマール、FWビジャ、FWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

スペイン紙が選出した、クラブに大金の支払いを認めさせた選手たち

 バルセロナは、来シーズンからアヤックスのオランダ代表MFフランキー・デ・ヨングが加入することを発表した。このクラブのアイデンティティーと言えば、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)といった下部組織出身の“生え抜き”だが、時折巨額を投じて大型補強するクラブとしても知られている。スペイン紙「マルカ」は、バルセロナに大金の支払いを認めさせた選手をピックアップ。バルセロナにおける「エキサイティングな移籍加入10選」として、巨額の移籍金が発生して入団した10人の選手をトップ10形式で紹介している。

 まず、10位にランクインしたのが元フランス代表FWティエリ・アンリ。アーセナルの大エースとして君臨した後、2007年にバルサの一員となった。3シーズンにわたってプレーし、08-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、リーガ・エスパニョーラ、国王杯を制するクラブ史上初の三冠獲得に大きく貢献した。

 続いて9位に選ばれたのが、現在パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスだった。チェルシーもしくはレアル・マドリードの獲得が濃厚と見られたなか、08年夏にセビージャから移籍を果たした。右サイドで不動の位置を築き、各監督の下で主力を張り続けた。下部組織育ちのメッシは特別として、それを除く外国籍の選手で最も多く試合に出場した選手となっている。

 8位は、現在LAギャラクシーに在籍する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが選出された。ジョゼップ・グアルディオラ監督がポゼッションに高さをもたらそうと、09-10シーズンに加わった。しかし、当の指揮官との“冷戦関係”に陥り、リーグ戦16得点を挙げたが1シーズンでイタリアへと戻っていった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング