神戸MFイニエスタ、元米国代表監督の英雄と共演 “新旧W杯優勝トリオ”の一枚を投稿

(左から)ヴィッセル神戸MFイニエスタ、FWポドルスキ【写真:Getty Images】
(左から)ヴィッセル神戸MFイニエスタ、FWポドルスキ【写真:Getty Images】

遠征中のアメリカで、ドイツ代表やアメリカ代表を率いたクリンスマン監督と邂逅

 Jクラブ史上初となるアメリカツアー中のJ1ヴィッセル神戸は、現地時間29日にMLS(メジャーリーグサッカー)コロンバス・クルーとのプレシーズンマッチ(0-0)を行った。今オフに加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャの神戸デビュー戦となる2019年初陣前、ワールドカップ(W杯)優勝を経験したドイツ代表の英雄との邂逅があったことを、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが自身の公式インスタグラムで明かしている。

 神戸は今オフにMLSニューヨーク・シティFCからビジャが加入し、イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの“W杯優勝トリオ”を結成。初の試みとなったアメリカツアーではプレシーズンマッチ4試合が予定され、新シーズン初陣となる29日のコロンバス・クルー戦には多くのファンが詰めかけた。

 ビジャ、イニエスタ、ポドルスキのスター3人衆は揃って先発。ビジャは25分間、イニエスタとポドルスキは36分間のプレーと“試運転”で、試合は0-0のスコアレスドローに終わったなか、イニエスタはインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)を更新し、ある人物の訪問を受けた写真を披露している。

 その相手は元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマンだ。神戸がツアーを行っているアメリカの代表チームを2011~16年まで指揮したドイツ人監督がポロシャツにジーンズというカジュアルな服装に身を包み、イニエスタ&ポドルスキと談笑。クリンスマンは1990年のイタリアW杯を制しており、この3人もまた“新旧W杯優勝トリオ”の3ショットとなった。

 バイエルンとドイツ代表で選手と監督の間柄だったポドルスキも自身のツイッターで笑顔の2ショットを公開し、「ユルゲン、訪問ありがとう」と感謝を綴っていた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング