司令塔・柴崎岳、アジア杯8強ベトナム撃破へ決意 「中心を担っていきたい」

日本代表MF柴崎【写真:Football ZONE web】
日本代表MF柴崎【写真:Football ZONE web】

日本の良さを出すと宣言 「パスワークで彼らを上回らないといけない」

 日本代表は24日にアジアカップ準々決勝ベトナム戦に臨む。試合会場のアルマクトゥーム・スタジアムで行われた前日会見に森保一監督とともに出席したMF柴崎岳(ヘタフェ)は「中心を担っていきたい」と意気込みを語っている。

 柴崎はグループリーグ初戦トルクメニスタン戦(3-2)と第2戦オマーン戦(1-0)と2試合連続で先発出場。第3戦ウズベキスタン戦(2-1)はベンチとなったが、決勝トーナメント1回戦サウジアラビア戦(1-0)で再びスタメン出場し、司令塔として8強進出に貢献した。

 ベトナム戦で先発が予想されている柴崎は「ビデオも見たが力があるチーム。勢いのあるチームに、同等、それ以上の気持ちを持たないといけない」と警戒を強めている。その一方で自身のパフォーマンスについても言及し、勝利に向けて覚悟を口にした。

「日本の良さであるパスワークで彼らを上回らないといけない。そのなかで個人としては中心を担っていきたい」

 ボランチとして森保ジャパンで舵取りを託されている柴崎は「最後にトロフィーを勝ち取ることができれば日本にとって一番良い」と2011年大会以来の優勝を見据えている。ベトナムを撃破すれば、準決勝ではイランか中国の勝者と激突する。ここまで苦戦しながらも勝ち上がってきた日本は、8強の壁を打ち破り、また一つ駒を進めることができるだろうか。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング