「世界に近づくために…」 主将・吉田、サウジ撃破に手ごたえ「今日の勝利は大きい」

日本代表DF吉田【写真:Getty Images】
日本代表DF吉田【写真:Getty Images】

決死の顔面ブロックを見せるなど、粘りのディフェンスで1-0の完封勝利に貢献

 21日のアジアカップ決勝16強サウジアラビア戦、日本はDF冨安健洋(シント・トロイデン)のヘディングシュートによる1点を守り切り、1-0で準々決勝進出を果たした。この試合で無失点勝利に貢献したキャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)は、「世界にもっと近づくためには今日の勝ちは大きい」と話した。

 これほどまでアジア相手にポゼッションで日本が劣勢となる試合はあっただろうか。前半20分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のCKに合わせた冨安のゴールで先制したのは幸先が良かったが、その後はサウジアラビアにボールを握られる展開に。それを最後方で辛抱強くプレーしたのは吉田だった。前半には相手の痛烈なミドルシュートを決死の顔面ブロック。主将としての決意を見せるかのようなディフェンスだった。

「ほとんどボールを支配されて守備の時間が長かったが、こういう試合を勝ち抜くのもチームが強くなるのに必要なこと」

 このように語った吉田は、“対アジア”というところでもこれまでとは違う印象を受けているようだ。

「サウジアラビアの選手たちが伸びていて、やるごとに難しくなっている。アジアのサッカーの差は縮まっている。僕らが伸びていかないといけない。ここでアジアカップを取り戻すのもそうだけど、世界に近づくために。今日の勝ちは大きいと思う」

 相棒を務める冨安については「素晴らしいと思う。ゴールも取りましたし、最後まで集中を切らさずやっていた。驚きました」と称賛。同時に、「ここで良い準備をして次の試合をしっかり勝てるようにしないといけない。ここで終わりではないので、満足せずにやっていきたい」とキャプテンとして中2日で待ち受ける準々決勝ベトナム戦に向けて決意を語っていた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング