主将DF吉田麻也、サウジ戦で気迫の“顔面ブロック” 自陣ゴール前の大ピンチ阻止

日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】
日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】

前半12分、自陣ゴール前で打たれたシュートに吉田が反応するビッグプレー

 日本代表は21日、アジアカップ16強サウジアラビア戦に臨んだなか、前半12分にビッグプレーが飛び出した。ゴール前でピンチを招いた日本だが、相手の強烈なシュートをキャプテンDF吉田麻也(サウサンプトン)が“顔面ブロック”で防ぐ好プレーを披露している。

 日本は右でん部痛を抱えるエースFW大迫勇也(ブレーメン)をベンチに置き、代わりにFW武藤嘉紀(ニューカッスル)を先発起用。それ以外の10人は第2戦オマーン戦と同様の顔ぶれが並んだ。

 序盤からボールを支配された日本は、守備ブロックを形成して受けに回る。前半12分には右サイド深くにボールを運ばれ、MF原口元気(ハノーファー)が相手と入れ替わられると、そのままクロスを供給される。これはDF長友佑都(ガラタサライ)がヘディングでクリアするも、こぼれ球に反応したMFアブドゥルアジズ・アルビシに強烈なシュートを打たれたが、ゴール前に立ちふさがった吉田が顔面でクリアした。

 吉田はクリア直後、そのままピッチに大の字で寝転がる形となるも、すぐさま起き上がって対応。序盤のピンチをキャプテンのビッグプレーで防ぎ切った。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング