アジア杯16強、日本がサウジアラビアに前半1-0リード 20歳DF冨安が先制ヘディング弾

DF冨安がコーナーキックからヘディングシュートでネットを揺らし、チームに先制ゴールをもたらした【写真:AP】
DF冨安がコーナーキックからヘディングシュートでネットを揺らし、チームに先制ゴールをもたらした【写真:AP】

CKから東京五輪世代DFが値千金の一撃、粘りの守備で前半を無失点で終える

 日本代表は21日、アジアカップ決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦に臨み、コーナーキックからDF冨安健洋のA代表初ゴールで先制し、1点リードでハーフタイムを迎えた。

 グループリーグ第3戦のウズベキスタン戦(2-1)では、スタメンを10人変更した森保一監督だが、この日はGKからMFまでは第2戦のオマーン戦と同じメンバーとなり、1トップにはウズベキスタン戦と同様にFW武藤嘉紀が起用された。立ち上がりは低い位置でボールを保持してから、ロングボールを中心に攻めるサウジアラビアにボールを持たれ、日本はペナルティーエリア内でシュートブロックするシーンも作られた。

 それでも日本は前半20分、左サイドでMF原口元気がコーナーキックを獲得すると、キッカーのMF柴崎岳が中央に上げたボールにDF冨安健洋が頭で合わせて先制ゴール。東京五輪世代の若手期待のCBは、負けたら終わりのトーナメント初戦で値千金の代表初ゴールを決めた。

 その後も日本はサウジアラビアにボールを持たせつつも、中央を閉じてサイドに誘導する守備で対応。自陣サイドでファウルがやや増えたのは後半に向けた不安材料の一つだが、過去3回のアジアカップ優勝経験を持つ中東の強豪を相手に、1-0とリードして前半を終えた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング