日本、アジア杯サウジ戦で“勝利の鍵”は? DF酒井が力説「年齢のいっている選手が…」

サウジアラビア戦の前日会見に出席したDF酒井宏樹【写真:Football ZONE web】
サウジアラビア戦の前日会見に出席したDF酒井宏樹【写真:Football ZONE web】

ベテランの重要性を強調した酒井、「困難な時こそチームを支えられるように」

 日本代表は21日、シャルジャ・スタジアムで行われるアジアカップ16強でサウジアラビアと激突する。前日会見に森保一監督とともに出席したDF酒井宏樹(マルセイユ)は、サウジアラビア戦での勝利の鍵について「僕ら年齢のいっている選手が…」とベテランの重要性を説いた。

 日本はグループリーグでは3連勝を飾り、1位通過を果たした。初戦トルクメニスタン戦はFW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴールとMF堂安律(フローニンゲン)の決勝弾で3-2と逆転勝利。第2戦オマーン戦はMF原口元気(ハノーファー)のPKで1-0と逃げ切ると、先発10人を変更した第3戦ウズベキスタン戦はFW武藤嘉紀(ニューカッスル)、DF塩谷司(アル・アイン)のゴールで2-1と勝利を収めた。

 サウジアラビアは過去アジアカップ3回の優勝を誇るなか、日本は通算で8勝1分4敗と勝ち越している。しかし直近の対戦では2017年9月のワールドカップ予選で0-1と敗れており、決して侮れない相手だ。

 酒井は警戒を強める一方、「大前提としてピッチ内での年齢は関係ない。若くして海外に出ている選手も多い。だれがイニシアチブをとるとかではなくチームとして戦いたい」と強調。そのうえで「僕ら年齢がいっている選手が、困難な時こそチームを支えられるようにしたい」と、ベテランの存在がポイントになると指摘した。

 DF長友佑都(ガラタサライ)をはじめ、経験を積んだ選手たちがチームに安定感をもたらし、MF堂安律(フローニンゲン)やMF南野拓実(ザルツブルク)らをサポートできるか。注目ポイントの一つになりそうだ。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング