“キャプテンマーク”を巡る攻防? 青山敏弘が語る舞台裏「槙野が渡してくれと言っていた」

ウズベキスタン戦でキャプテンマークを巻いて先発フル出場を果たしたMF青山敏弘【写真:©AFC 】
ウズベキスタン戦でキャプテンマークを巻いて先発フル出場を果たしたMF青山敏弘【写真:©AFC 】

ウズベキスタン戦に青山がキャプテンとして出場、槙野が懇願「途中で代わったら…」

 日本代表は17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンに2-1と逆転勝利し、3連勝でグループ1位通過を決め、21日の決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。ウズベキスタン戦でキャプテンマークを巻いて先発フル出場を果たしたMF青山敏弘は、キャプテンマークを巡る“知られざる攻防”があったと明かした。

 第1戦トルクメニスタン戦(3-2)、第2戦オマーン戦(1-0)と連勝して決勝トーナメント進出を決めていた日本は、グループの最終順位を懸けてウズベキスタン戦に臨んだ。森保一監督が第2戦から10人を入れ替える大胆な采配を振ったなか、ゲームキャプテンとして出場したのが青山だ。

 第1戦と第2戦ではDF吉田麻也(サウサンプトン)がキャプテンを務め、ガラリとメンバーを変えた一戦では青山が指名されている。GK東口順昭(ガンバ大阪)、DF長友佑都(ガラタサライ)とともにチーム最年長“1986年組”の1人である32歳の青山は、鋭いスルーパスを通してチャンスを演出すれば、守備でも的確にピンチの芽を摘んだ。

「結果を出すだけですけど、そのプロセスは非常に大事。そのためにできることはやったし、普段出ている選手もロッカーで後押ししてくれてチームが一つになれた。決勝トーナメントを決めてくれて、そのバトンを渡してくれて出させてもらいましたけど、それを加速させて向かいたかった。そういった意味で今日の勝ちは大きかった」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング