韓国紙がオマーン戦の“二つの判定”を酷評 「日本は明らかに誤審のおかげで勝利」

DF長友が決死のブロックでピンチを回避した【写真:AP】
DF長友が決死のブロックでピンチを回避した【写真:AP】

原口が倒されて決勝点につながるPKを獲得、長友の腕にシュートが当たるもPK献上回避

 森保一監督率いる日本代表は13日、アジアカップ・グループリーグ第2戦でオマーンを1-0で破り、大会2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。前半28分にMF原口元気(ハノーファー)が獲得したPKを自ら決めて先制。同44分にゴール前でピンチを迎えたなか、相手のシュートがDF長友佑都(ガラタサライ)の腕に当たる形となったがハンドの判定は下らず、日本はなんとか虎の子の1点を守り切った。韓国メディアは「日本は明らかに誤審のおかげで勝利することができた」と“疑惑の判定”に言及している。

 初戦のトルクメニスタン戦で3-2の薄氷の勝利となった日本は、エースのFW大迫勇也(ブレーメン)がベンチスタート。FW北川航也(清水エスパルス)、MF遠藤航(シント=トロイデン)を入れ、前戦でボランチ起用だった冨安健洋(シント=トロイデン)は本来のセンターバックで起用された。

 日本は序盤から押し込みながらもゴールを割れずにいたなか、前半26分にMF南野拓実(ザルツブルク)のシュートのこぼれ球に飛び込んだ原口がペナルティーエリア内ギリギリのところでオマーンのFWラエド・サレフに倒されてPKを獲得。背番号8がこれを自ら決めて、日本がついに先制点を奪った。

 1-0で迎えた前半44分、オマーンにサイドから攻められ、中央でフリーとなっていたMFサラー・アルヤハヤエイにシュートを打たれるも、体を投げ出した長友が決死のブロックで阻止。このブロックでシュートが左腕に当たったような形になったが、主審はコーナーキックを命じ、オマーンの選手たちが激高して主審を囲んで猛抗議。しかし、今大会ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は準々決勝からの導入予定で、判定が覆ることはなかった。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング