青森山田に惜敗の尚志、貫いた“らしさ”に監督も充実感 「つなぐ90分間を貫けた」

尚志の仲村浩二監督【写真:Noriko NAGANO】
尚志の仲村浩二監督【写真:Noriko NAGANO】

仲村監督が選手たちに説いた流儀「プレスがきつくても絶対に剥がせる」

 第97回全国高校サッカー選手権は12日に埼玉スタジアム2002で準決勝を行い、尚志(福島)は青森山田(青森)と3-3からもつれ込んだPK戦の末に敗退。福島県勢として初の決勝進出こそならなかったが、仲村浩二監督は「尚志らしいつなぐ90分間を貫けた」と満足感を口にした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 7大会前のベスト4は、東日本大震災が起こった約10カ月後だった。仲村監督は「あの時は少しラッキーというか、チームの力よりも福島の気持ちという面もあった」と話す。今大会はFW伊藤綾汰が「優勝候補を相手にしてばかりだったけど、それに勝てて自信を得られたと思う」と話したように、初戦は神村学園(鹿児島)とPK戦、2回戦は東福岡(福岡)、3回戦は前橋育英(群馬)と優勝経験校を連続で撃破。準々決勝でも、昨年8月に全日本U-18フットサルを制した帝京長岡(新潟)を下す組み合わせで、激戦を次々に制してきた。

 その戦いでブレなかったのが、“つなぐこと”だった。仲村監督は「プレスがきつくても絶対に剥がせる。青森山田が相手でもつなぐサッカーをやるぞと。逃げない、外せると言い続けて、みんながジャッジ(判断)しながら流動的にやるサッカーをやるんだ」と、自分たちの流儀を貫いた。それは、FW染野唯月のハットトリックもあり後半30分に3-2とリードを奪ったことで、その魅力も強さも証明できた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」