GK川島永嗣、引退の楢﨑正剛に“惜別2ショット” 「大きな背中」を見つめる一枚に反響

(左から)GK川島、GK楢崎【写真:Getty Images】
(左から)GK川島、GK楢崎【写真:Getty Images】

日本代表と名古屋時代に共闘、「共に過ごさせてもらった時間は僕の宝物」と感謝

 名古屋グランパスの元日本代表GK楢﨑正剛が8日に現役引退を発表した。日本代表と名古屋で共闘経験のある元日本代表GK川島永嗣(ストラスブール)が自身の公式インスタグラムを更新し、惜別2ショットを投稿。「大きな背中」を見つめる一枚が反響を呼んでいる。

 1995年に横浜フリューゲルスでプロデビューした楢﨑は、99年に名古屋へ移籍。最後のシーズンとなる2018年まで在籍し、24年間の選手生活にピリオドを打った。そんな楢﨑への思いをSNSに綴ったのが川島だ。

「追いかけ続けてきた大きな背中。選手として、何より人として、楢さんに出逢い共に過ごさせてもらった時間は、僕の人生の最高の宝物です。これからもその背中を追い続けていく事は変わらない」

 楢﨑と川島は代表で共闘し、名古屋時代には04年から06年までの3年間をともに過ごした。日本代表77試合出場、J1リーグ631試合出場、J2リーグ29試合出場を誇り、日本サッカー界を支えた偉大な先輩への思いは止まらない。

「グランパス時代、そして日本代表でも、楢さんが見せ続け、ここまで積み上げて来た日本サッカーへの功績に、後輩ながら最大の賛辞と、そして最大の感謝を伝えたいです」

 川島は敬意を表したメッセージとともに1枚の写真を投稿した。日本代表でトレーニングをしているワンシーンを捉えたものだ。楢﨑がボールに反応し、キャッチングするその背中を、背後に立っている川島が見つめている。ハッシュタグで「#大きな背中 #尊敬 #本物の中の本物」と添えた。返信欄では「グラ時代が懐かしい」「寂しい」「川島選手頑張ってください」「川島さんのプレーまた生でみたい!」などの声が上がっている。

 楢﨑の教えを胸にフランスで戦い続ける川島。先輩の“大きな背中”を追い求めながら、さらなる高みを目指し続ける。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング