“リベリアの怪人”の息子ティモシー・ウェア、名門セルティックに期限付き移籍

セルティックは7日、PSGからFWティモシー・ウェア(写真右)を獲得したことを発表した【写真:Getty Images】
セルティックは7日、PSGからFWティモシー・ウェア(写真右)を獲得したことを発表した【写真:Getty Images】

18歳にしてアメリカ代表デビューを果たしたサラブレッドがレンタル移籍

 スコットランドの名門セルティックは7日、パリ・サンジェルマン(PSG)からアメリカ代表FWティモシー・ウェアを獲得したことを発表した。英公共放送「BBC」などが報じている。

 ティモシー・ウェアは、1995年にアフリカ人選手初のバロンドールに輝いた元リベリア代表FWジョージ・ウェア氏の息子だ。現在、リベリアの大統領を務めている父の遺伝子を受け継いだティモシーは、2017年7月に父も所属したPSGに加入したものの、ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、フランス代表FWキリアン・ムバッペらを揃えるチームでは思うように出場機会をつかめず、昨季リーグ戦出場はわずか3試合、今季も2試合にとどまっていた。

 もっともPSG側は18歳のティモシーに大きな期待を寄せており、今回21年までの契約延長に合意したことで、セルティックへの期限付き移籍が実現した。

 セルティックを率いるブレンダン・ロジャース監督は、「あれだけのクオリティーの選手を揃えるPSGで、出場機会を得るのは簡単なことではない。彼らはレンタル移籍をさせたいと考え、セルティックが適したクラブだと判断したのだろう。ティモシーは、将来有望な若手だ。この先、長いキャリアがあるが、生まれ持ったスピードやテクニックが高い。飢えているところもいいね」とコメントし、チーム内のポジション争いが激化することを期待した。

 現在、スコットランド1部リーグは冬の中断期間に入っており、セルティックはドバイでトレーニングキャンプを行っている。ティモシー・ウェアには第20節終了現在、リーグ戦13勝3分4敗で首位を走っているチームを、さらに勢いづかせることが期待されている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング